うつ病の症状を劇的改善|ストレスフリーでしっかり治療をしよう

女性

能動的な治療が重要

下を向く女性

抗うつ剤の効果検証が重要

うつ病と診断された際の治療法の中心は抗うつ剤の服用です。抗うつ剤は種類も豊富で患者ごとに適した抗うつ剤が異なりますし、服用量や頻度も異なります。そして精神科や心療内科におけるうつ病の診察は医療面接で患者や、場合にとってはその家族などからも医師が話を聞きながら症状を推定して抗うつ剤を処方します。従って、特に初診の際の処方は医師もテスト的な意図を持って抗うつ剤を選択します。ですので処方された抗うつ剤を服用した結果どのような効果があったのかを患者ができる限り的確に医師に伝えることによって、より自分に適した抗うつ剤を処方してもらう事が可能になるのです。また、うつ病の症状の改善に応じて抗うつ剤の服用量や頻度を減らしていく方が治癒に近づきます。ですので、自分に合った抗うつ剤を処方してもらっていても、服用量や頻度を減らしても良いのではないかと思えるような症状の改善があった際もその状況を医師に報告することが大切です。このように、うつ病治療のための抗うつ剤の服用に際しては、患者自身がその効果やうつ病の症状の改善具合を把握して医師に報告し、抗うつ剤の服用の仕方を、その時点での自分の現状により適したものに変えていくための能動的な取り組みが抗うつ剤の効果をより高める上で重要なのです。

再発率の高さに注意が必要

また、うつ病の治療の際に注意すべきこととして、うつ病の再発率の高さが挙げられます。うつ病は症状がいったん治まったとしても、すぐに完治したとは思わずに慎重に体調管理に努めることが大切なのです。例えばうつ病の主要原因が職場での仕事量の多さである場合などは、うつ病治療に際して抗うつ剤の服用などと共に一定期間職場を休むことになるケースが一般的ですが、症状が治まったことで職場に復帰する時には十分な注意が必要です。復帰後も当面うつ病の発症前と同じ量の仕事をこなすことは不可能と考えて仕事量をセーブできるように職場の上司などと相談し、極力無理をし過ぎないようにすることが大切です。また、個人差はありますが、うつ病は季節によって症状が出やすい時期もあります。最初に症状が発症した時期がその患者にとっての注意を要する時期です。ですので、一旦症状が治まっていたとしても最初にうつ病の症状が生じてからちょうど1年が経つ頃には注意をすることが必要です。このように、再発率の高いうつ病は、症状が治まっても一定期間再発をケアして注意する必要があり、特に再発しやすい時期には慎重な対処が必要となりますので、抗うつ剤の服用や定期的な通院が一旦不要となったとしても、数年間は少しでも異変を感じたらすぐに通院するといった注意が必要なのです。