うつ病の症状を劇的改善|ストレスフリーでしっかり治療をしよう

女性

ストレス社会に起こる事

ナース

絶望と無気力

うつ病は今や現代病の一つと言っていいほど増えています。しかし、まだどうしてうつ病になるか原因は分かっていません。どのような状態および症状なのか知っておくことで、鬱病の発症や進行を予防する事ができます。人は皆、普段の生活で面白い事や楽しい事があれば笑います。しかし、うつ病を患っている人は、顔は笑っていても目がすましている事が多いです。他の人から観察してみればすぐに分かる傾向です。一般的に言う目が笑っていない状態です。また、正確な思考ができなくなり考えが支離滅裂になったりします。そして、何もやる気が出ないという感情と共に絶望感が襲います。これに伴い自殺願望が出てきてしまうのです。うつ病になってしまうと身体にも異常が出てきます。主だった症状は不眠症、食欲もない、いつもだるい、頭痛、吐き気そして動悸です。動悸がしてきたその時脈拍を指で図る人が多いのではないでしょうか。そうすると1分間で130〜160になっているのです。それが1時間近く続く事もあります。このような事を考えると全てが自律神経に関係している事が分かります。

基準が曖昧な病院

うつ病の場合、どのような病院に行けばいいのか。一般的に思い付くのは精神科、心療内科という事です。人によりますが精神科はとても行きにくくありませんか。そのような事を多く耳にします。ひと昔前では心療内科というのはあまり効かなかったと思います。精神科は純粋に神経に関する病気を治療する所です。精神病、神経衰弱、うつ病、ヘルペス神経症などは本来精神科に行くべきなのです。心療内科は心身症により頭痛や吐き気、咳など肉体に症状がある場合は心療内科を受診するのです。実際、心療内科の場合、普通の内科を併設している場合が多いのです。近年はとても曖昧になっています。心療内科、メンタルクリニックというように誰でも気軽に受診できるように名前を変えているだけでもともとは精神科の医師だという事も多いのです。そのような事で現代とても曖昧になっているという事を感じます。うつ病の人は本来は精神科を受診するのですが現実は診療内科を受診する人が多いと言われています。うつ病の患者さんはほとんどの人が迷っています。はっきりとした基準が必要ではないでしょうか。今後は、患者が悩まずに通うことが出来るように明確な精度が設けられることでしょう。